車中泊ときどき水の中

車中泊の旅と航空祭のビデオログがメイン。たまに水の中の写真も。

ZenおじさんはRyzentoshの夢を見る。

↓の記事の続き、のようなもの。 

bikkuri-kuri-taro-life.hatenablog.com

 

前回、弟氏のPCをRyzen7 3700Xに換装したわけだけど、

その際に余ったRyzen7 1700とメモリを流用して、

新しいPC、というかHackintoshを組みたいなと思っていて、

そんな折にYouTubeを見たら、

日本語でインストール方法が説明されている動画があったので、ちょうど良かった。

それを参考にしながら組んでみよう。

 

こちらの尊き動画をまじまじと見る。


【自作MacPro】Ryzen7搭載自作PCにmacOS mojaveをインストールする夢

 

作業しながら見た方が内容を理解しやすいので、CPU以外の必要なパーツを揃えよう。

 

まずはマザーボードから。

マザボは相性で出来る出来ないかがシビアっぽいので、

動画のウプ主と同じA320チップセットマザボ、「Asrock A320M-ITX」を選択。

OCする予定はないので安いやつで十分じゃん。

 

次はグラフィックボード。

本当はNvidia製品が良いのだけど、ドライバーの関係からAMD一択。

ツクモのセールで買った「Sapphire Nitro+ RX580」に。

 

これからはRX580より新しいRX590がいいかも。

Naviはね、公式に動作できるってなってから。

 

電源もツクモで購入したSilver Stoneの「SST-ST65F-GS」。

在庫処分価格なんかしらんけど安かったから買ってみた。

うちでは初自作の時からSilverStoneの電源を使っていてこれといった問題がないので、

特にこだわりがなければSilverStone社製でいいよね、という方針。

スリーブケーブルが手に入りやすいのもよき。

 

ケースはNZXTの「H210」を狙っているけど、現時点では販売していないので、

Amazonに予約注文だけしておいた。

(発売日はこれ書いている日の翌日20日

 

組立て作業は割愛して、組み立て後から。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20190718054055j:plain

こんな感じで机の上に鎮座されておるRyzentoshさん。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20190718054143j:plain

RyzenでHackintosh(なので、Ryzentosh)の夢が見られた!

  

f:id:bikkuri_kuri_taro:20190718234219j:plain

本当にMacOSRyzenで動いてるね。

 

ベンチマークの結果をみてみようか。 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20190719000131j:plain

比較として現在のメイン機、McBookPro15'(2016)のスコアが1538。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20190719000201j:plain

対して、ryzentoshのスコアは2735。

正直、凄さはわかんないよね。

でも、グラボもRX580になったし、

動画編集が捗りそうな予感しかしない。

 

まだ届いてないけどケースまで含めたパーツに支払った金額の合計は約6万円。

あのかっこいいデザインのBlackmagicのeGPUのRX580モデルが

AppleStoreで89800円(税別)なので、それに比べたらかなりコスパがいい。

Amazonでも出品者から買えるけど高い、、、。 

転売ヤーさん、ご苦労さんです。

 

PremireやDaVinci Resolve使うならWin機でいいんだけど、

下手にMac歴20年のApple信者な私は「Final Cut Pro X」を買ってしまい、

まだ当分Macから離れることができないので、これでもう少し頑張ろう。

 

以前はRyzentoshと言ったら、

普通のHackintoshと比べて敷居が高いイメージだったけど、

インストール作業だけなら、割と簡単に出来るようになったなという感想。

(本当は動画への重要なコメントに気づかず丸一日格闘。)

ひとまず完成して、パーツが無駄にならずによかったよかった。