車中泊ときどき水の中

車中泊の旅と写真がメイン。たまに水の中の出来事も。

続・決定版!水中写真機材はこういれろ!私の行きついたカメラバッグ選び!

昨日からの続きです。

 

bikkuri-kuri-taro-life.hatenablog.com

 

今後航空写真と水中写真のどちらも撮影したい時にはどうすればいいか?

というところで前回は終わりましたので、今日はその解決策についてです。

 

まずはハクバのソフトインナーソフトボックスType Fと

ノーマディックの折りたたみボストンバッグMサイズを用意します。

 

残念ながらこのサイズのインナーソフトボックスはメーカー販売終了しています。

アマゾンには在庫があるようですが、定価より上乗せ価格での販売になっています。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706040009j:image

 少し不安定ですが、まだ販売している小さいサイズのインナーボックスを並べてもいいかもしれません。

 

ボストンバッグはなんでもいいのですが、軽くて丈夫なものをおすすめします。

サイズは30x44x21で対荷重は10kgまでとなっているようです。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706041414j:imagef:id:bikkuri_kuri_taro:20170707000659j:image

 

国際線の機内持ち込みは10kgまでなので、

それを超える重量のものを入れることはないと思いますが、

破れたり、ちぎれたりがないとは言い切れないので、

余裕をもたせた方が長持ちすると思います。

 

サイズは100席未満の路線でも大丈夫です。

ハンマーヘッドを撮影しに与那国島へなど

ダイバーの方は離島路線を使われる方が多いと思いますが、

そんな時でも活躍しますよ!

 ↓

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170707001133p:plain

 

用意したボストンバッグの中にソフトインナーソフトボックスをいれます。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706041446j:plain

 

インナーボックスに機材を詰めていきます。

将来的に右の余っているスペースにワイドポートをいれるつもりです。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706041431j:plain

 

インナーボックスの蓋を閉じ、まだスペースが余っているので、

そこにマクロレンズ魚眼レンズ、望遠レンズを入れます。

レンズ同士がぶつかるのでレンズケースにいれたほうがいいですね。

タオルを詰めたりしてより衝撃が少なくするとなおいいです。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706041501j:plain

 

撮影のため外に出していますが、

荷造りの時はPL7をハウジングにセットしておきます。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706041508j:plain

 

これで測ると、

↓ 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706044321j:image 

5.74kgです。

6Dは24−105mmをつけて肩に下げていくので、これならLCCでも大丈夫そうです。

 

あ、ビデオが入っていない!

560g追加ですが、それでもまだ大丈夫ですね。*1

 

参考までに、7D mk2のハウジングでも、

ハウジングとマクロポートをセットし、ワイドポートとストロボを入れてみます。

 

こんな感じです。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170705092010j:image

 

あとは先ほどと同じように、マクロ、魚眼、望遠レンズをいれます。

 

 

カバンに入れるレンズです。

左から、EF 100−400mm f4.5-5.6L IS II、EF-S 60mm F2.8マクロ、

17−50mm F2.8 EX DC OS HSM、AT-X 107 DX Fisheyeです。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170707003638j:image

 

ハウジングはこんな感じです。

比べると少し大きいのがわかりますね。

大きく重いですが、7D一台で水中写真も航空写真もカバーできるので、

カメラ二台体制とどっこいどっこいじゃないかなと踏んでいますがどうでしょうか?

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170705091935j:plain

 

では、計測します。

7Dと17−50mmをいれない場合(手で持って搭乗)と、

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170707003651j:image

 

入れた場合。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170707003701j:image

 

どちらもレガシーキャリアの航空会社なら問題なさそうですね。

LCCは360gの超過に厳しいところもあれば、ゆるいところもどちらもありそうですね。

同じ航空会社でも往路と復路では対応が違うことありますもんね。

出発国の人の気性からでしょうかね。

 

二人以上で旅するなら、お友達なり家族なりに持ち込みしてもらう手もありますが、

私、ぼっちなんで!

それ、できません。

 

もしダメと言われたその時は、

ストロボをタオルに包んで、スーツケースに入れて預けてしまってもいいかもしれませんね。

カメラやポートほど壊れる、割れる心配が少ないので。

そして、空いた場所にレンズを収納すれば大丈夫ですね。

 

デメリットとしては、リュックタイプのように背負えないし、

コロコロがないので移動しづらいかもしれないですね。

重みで腕が疲れるというのもあるでしょう。

その時はタクシーで移動しましょう。

 

これが私の行き着いた機材用のバッグです。

昨日のパターンの時と今日のパターンの時、それぞれ状況に応じて使い分けています。

沖縄・韓国旅行では昨日のパターンのほうが移動しやすいので、こちらで行こうと思います。

ダインビングにいったついでに空港で飛行機写真を撮るといっためっちゃ特殊な状況で、

誰がそんなことやるの?という気がしますが、そんな誰かの参考になればと思います。

*1:春秋航空など5kg(!)という航空会社もあるので、全部の航空会社大丈夫とは言えません、、、。

決定版!水中写真機材はこういれろ!私の行きついたカメラバッグ選び!

沖縄ではダイビング、ソウルでは航空ショーと撮影する機材が多くなり、

運ぶのが大変そうな旅になりましたが、

うまく水中写真と航空写真の機材をパッキングできるかな?

 

↓愚痴ばかりですが、前回の記事です。

bikkuri-kuri-taro-life.hatenablog.com

 

まずは、手荷物のルールをANAアシアナ航空の公式ページにて調べます。

 

手荷物[国際線]|ご旅行の準備[国際線]|ANA

機内持込み可能手荷物 < 機内持ち込み手荷物 < 手荷物サービス < サービスに関するご案内 < アシアナ航空のホーム(HOME)

 

ともに機内に持ち込めるのは、重さ10kgまで、サイズは三辺の和が115cmまでですね。

それでは、手持ちのカラチアウトポスト(L)に入れてみます。

これは機内持ち込みを想定して購入したカメラバックのひとつです。

 

カバンのサイズの和は制限ギリギリの115cm。

重さはなんと2.7kg!

機内持ち込みできるけど、ちょっと重すぎやしないかい?

あと約7kgしかはいらないけど大丈夫?

心配になるよ。

 f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706020432j:image

ハウジング、ストロボ、LEDライト、ビデオカメラ、EOS 6Dと24−105mmレンズを

入れてみたところ。

左上のスペースにはブロワーやレンズペンなどといったメンテナンス用具一式を

まとめていれようと思います。

 

これにPL7と60mmマクロレンズが加わります。

ハウジングにセットしてもいいですし、手に持って搭乗してもいいかなと思います。

今までの経験上、パスポートや航空チケットを入れておくための小さなバッグや、

カメラまではうるさく言われなかったので、大丈夫だと思います。

また、PL7のかわりに、6Dと24−105mmのセットを手で持っていけば、

さらに軽くなりますし、マクロレンズより標準ズームの方が

機内での撮影*1に使い勝手良さそうですよね。

 

あと、アームやグリップは外して、スーツケースにいれ、預けます。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706020436j:image

なかで動かないように余った仕切りやマジックテープなどで固定。

 f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706020446j:image

100-400mmのレンズは、上部ポケットにスッポリとおさまりました。

 

さて、これで計ってみると、

 f:id:bikkuri_kuri_taro:20170706020504j:image

 

結果は9.2kgです。

あとはPL7とマクロレンズが約542gなので、

それらを足しても機内持ち込みOKです。

 

ただこれだと、昨今のLCCの機内持ち込みはアウトなのと、

ワイドポートは持っていけませんね。

実際には、これまで航空写真と水中写真かどちらか一方に目的をしぼっていたので、

今回のように機材が多すぎて持っていくのに困ることはなかったです。

しかし、今後どちらも撮影したいなぁと思った時には、どうすればいいでしょう?

 

明日に続きます。

 

*1:窓からの景色を写すなど

日曜の朝の名もなき蓮畑にて私は奇怪な人となり

昨日は早起きして蓮を撮りに行ってきました。

このブログ、もう車中泊水中写真も関係なくなってきているけれど、気にしない!

写真を撮っていればセーフです!

 

ミツバチは蓮の蜜が大好物なもよう。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170703233411j:plain

EOS 6D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

1/160, F5.6, ISO640

 

蓮の葉についた朝露。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170703233417j:plain

E-PL7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

1/125, F2.8, ISO200

 

マクロレンズで寄ってみると、なかなか幻想的な道端のスギナ。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170703233421j:plain

E-PL7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Mcro

1/400, F2.8, ISO200

 

朝露で濡れた地面に腹ばいになって撮るのですが、

レジャーシートを敷けば服が汚れません。

航空祭用のレジャーシートを車に積んでおいて正解でした。

 

しかしまぁ、道端に横たわっているその様をみた通行人には

なんとも奇怪な人間と思われたに違いありません。

バリアングル液晶と三脚を使えばいいんでしょうけど、

どっしりとカメラを構えて写したいんですよ、私は。

 

- おまけ -

同時進行でタイムラプスも撮ってましたよ!

 

今朝の蓮#タイムラプス #微速度撮影 #蓮開花 #名もなき蓮畑

  

所有機材のうち、iPhone、PL7、6D、AX40のどれもタイムラプス撮影ができるけど、

バッテリーの持ちと4Kタイムラプス可能ということで、AX40をチョイス。

10秒間隔、999枚で設定。

1分あたり6枚撮影するので、999枚÷6枚で166.5分、約2時間46分の間、撮り続けます。

しかし、花が開ききったのと同時に写真撮影にも飽きてきたので、途中で停止。

結局700枚くらいで撮り終えました。

 

雲台を忘れたので、真横からの視点のみで自由がない。

次回は雲台を忘れずに持っていき、ほかの角度からも撮りたいですね。

 

前述のみつばち君、静止画だとかわいさ溢れているのに、

動画になると、ぶんぶんと煩いわ、

ハエと見間違いおこるわでウザさMAX。

編集の段階で目立つコマだけカットしています。

この辺、6Dなら一眼なのでRAW編集して、

よりきれいな作品に仕上げることが出来そうですね。

そういう意味で、先日発表されたEOS 6D mk2の4Kタイプラプス対応には期待です。

楽天モバイルのデータシェアで個人的に幸せになる方法

3日前に楽天モバイルのデータシェアをはじめるよと記事を書いたのですが、

月をまたいだので楽天モバイルSIMアプリで確認してみました。

 

↓その時の記事です。

bikkuri-kuri-taro-life.hatenablog.com

 

 どのくらい割り当てられたんだろう?

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170702033937p:plain

 

おぉ、なんと6GBも割り振られている。

思ったより使えるデータ通信量が多くうれしいです。

というか、どんだけデータ通信使ってないんだよ、うちの両親は?

これはプラン変更を検討すべき!?

 

両親にはどんなプランがいいのかな?

スマホに何を望むかをヒアリングしてみます。

 

・通話は仕事の電話やLINEなど使っていない人とのやりとりに必要

・LINEは親世代でもわりと普及しているようで、そういう人とのやりとりに使う

・ネット検索などは使いこなせないので、いらないみたい

・趣味の動画はたまに見たい(家のWiFiでのみ、外では見ない)

 

となると、通話+データ3.1GBが最低ラインかなと思うのだけど、

それだとデータ容量が毎月余ることになる。

 

しかし、そこで「データシェア」ですよ。

おかげで、余ったデータ容量を「データシェア」によって6GBも使えるなんて。

データ容量を共有することで、私の一家にとって理想的なプランになりました。

 

来月から無料キャンペーンが終わり、一人につき100円かかるけど、

現在の私のプラン、データのみベーシック(無制限、200kbps、月額5250円)から

データのみ3.1GBプラン(高速回線、月額900円)に変更するより

安く、(前月の繰り越し分によっては)容量も多いのでお得だと思います。

これでみんなハッピーだね!

 

まずは両親の携帯から格安SIMに変えましたが、

いまのところ目立った問題はなく、十分満足しています。

違約金を払いたくないと自分の本回線はまだソフトバンクですが、

特別メリットを見出せないので、はやく格安SIMに変えたいですね。

悩める水中写真機材の運び方

昨日からの続きです。

というか、以前書いた記事の一部を抜きだし、

こちらで一つの記事としてまとめています。

なので、「アレ、なんか読んだことあるな」と思われるかもしれませんが、

若干手直ししていますが、その通りです。

 

↓その時の記事です。 

bikkuri-kuri-taro-life.hatenablog.com

 

さて、この秋に韓国へ航空ショーを観にいくわけですが、

その往路に沖縄でストップオーバー(途中降機)します。

 

んで、沖縄といえばダイビング!と普段なら思うのですが、というか、

ここ数年でダイビング以外の目的でいったのは

退役する前のボーイング747に乗ろうと羽田ー沖縄間を乗った時くらいで、

ほぼダイビングばかり。

それほどまでに沖縄でのダイビングを楽しみにしている私が、

今回はダイビングをするかしないかと迷っているのです。

 

なぜかっていうと、それは荷物のことを考えるとヒジョーにメンドくせーということ。

 

まず、今回の旅の一番の目的はソウルでの航空ショー、そしてその撮影なのですが、

その上で、沖縄でダイビングもとなると、

航空写真用の機材(フルサイズ機と望遠レンズ、重いよね〜)に加えて、

水中写真用の機材(ハウジングやらストロボやら、場所とるよね〜)、

あとはダイビング機材(言わなくても重くて、場所とるってわかるよね〜)と

いままで以上の大荷物になるじゃんか!

 

で、さらに厄介なのが、カメラやレンズ、ハウジングなどは

精密機器なので機内持ち込みにしたいけれど、

機内持ち込みには重量制限や大きさ、個数の制限がある。

なんでもかんでも機内持ち込みにはいかない。

今回はレガシーなので、LCCよりゆるい(10kg制限だっけ?)ので、

重さは問題ないけど(水中機材:約5kg、6D:1kg未満、100−400mm:2kg未満)、

いままで水中機材を入れていたカバンに6Dとレンズをどういれるかなんだよね。

入るかな?

 

それらが、無事パッキングできたとしても、

今度はその大荷物で移動しなければいかんよね〜。 

空港から最寄駅やバス停、もしくはホテル前までならいいけど、

安宿がそんな立地のいい場所に建っているわけないじゃん!

そうなると街中を大荷物を引きずって歩くのは目に見えてる。

想像してみて。

10月とはいえ、沖縄だよ!

ただでさえ、男の更年期障害かは知らないけれど、

ホットフラッシュかと思うほどの汗を滝のようにかいて困ってるというのに、、、。

内地の暑さにすら負けているこの体で、

まだまだ暑いであろう島の街を大荷物で歩くなんて正気の沙汰じゃない。

 

とりあえず現地では、多汗症と日射病対策に、

冷感タオルを首に巻きつけながら歩くか。

そして、部屋に着いたら速攻シャワー借りよう。

 

それにしても、ダイビング機材のレンタルが無料だったらな。

それを借りて、水中カメラだけを持っていけば荷物はだいぶ減るのに。

でも、それはダメそう。

なぜなら幾度か利用しているショップが前はあったレンタル機材無料特典の記載を

一切していないので、たぶんやめたんだろう、、、。

 

ダイビング器材は宅急便で送ろうかな。

もしくは動画と写真を一緒に撮るのはどっちも中途半端になりそうだからと、

ビデオカメラだけに専念して、望遠レンズを持っていくのをやめようかな。

 

うーん、悩む。

とりあえず、この件については、

もう少し悩んでから答えを出そうと思います。

 

それにしても、6DとPL7(というかポート)を併用すると、

こうも運搬について悩むことになるのかと辟易する。

これにくわえてワイドポートも持って行きたいとなると、

プロみたいに専用のペリカンケースが必要になってくるな。

だんだん大げさになっていく。

趣味なので、気楽にやりたいと思う一方で、

その趣味を突き詰めたいという思いもあるわけで、

そのどっちの思いも共存しているからこうも悩むわけですよ。

 

iPhoneだけで十分な人がある意味うらやましい。