車中泊ときどき水の中

車中泊の旅と写真がメイン。たまに水の中の出来事も。

惨劇の千歳基地航空祭2017

ひとまず動画からどうぞ。

現地からの速報ってことで低画質にしています。

 


【速報】2017年 千歳基地航空祭 〜F-15、政府専用機の航過飛行〜

 


【速報】2017年 千歳基地航空祭 F-16とブルーインパルス・・・

 

今回はせっかく早起きしたのにあまりぱっとしない航空祭になりました。

 

オープニングフライトは油断していて撮り逃すという失態、

加えて、救難訓練もここからじゃ見えないので諦めました。


アナウンスを聞き逃したのでよく分からないけれど、模擬対地攻撃&対空攻撃はやったの?

やったのかやってないのか分からずじまい。

なんじゃこりゃ。

曇り空だとこうも変更・中止になるの?


やはり天候のためか異機種編隊飛行はB747の航過飛行だけになりました。
F-15の航過飛行もパッとしないよね・・・。


そんな時でも米軍は見せつけてくれますね!

数年前も同じような天気だったけど、力強い機動飛行でした。

感動すら覚える彼らの飛行展示。

ミラマーでもネリスでもいいから本場に行ってみたいな。

 

さて、AX40ですが、

パワフルなF-16曲技飛行も画面から外れなければ結構追従しています。
画面から外さないように捉え続けるのに腕が必要ですね。
機材に頼ってばかりだと、自分の腕のなさを実感させられます。

というわけで、いい買い物したという思いでいっぱいです。

 

さて、お昼を挟んでブルーインパルスが始まったかと思ったら、二機だけじゃん!
なんじゃ、こりゃ!
なんでもここ数年ダメダメみたいじゃないですか!?

昨日の予行の方がマシという惨劇。
北海道まで来たというのに・・・おい!


まぁ今回は政府専用機が見られたのでよしとします。
たとえ、大編隊から航過飛行のみに変更されたとしても、数年前、政府専用機がいなかった航空祭に比べたら見られただけでもよかったです。

 

来年(?)には引退するらしいので、

サヨナラ飛行か新政府専用機のお披露目飛行となるか、どちらにしろ来年の航空祭が楽しみだなと予想していますが、どうなるでしょうかね!?

 

あと、今回思ったのが、

三脚か脚付一脚があるといいですね。
手ぶれ補正が強力だからって、水平を意識していないので、水平が出ず、なんだか下手っぴな動画になってしまっています。
自宅に帰ればMacで水平になるよう編集出来るけれど、
iPhoneでその場で編集となると、iPhone版のiMovieにはそこまでの機能はないですからね。

 

リベンジと政府専用機がどうなるかの期待もあり、

これは来年も行かねばならなくなりましたよ。

ではまた。

曇りがちの千歳基地航空祭予行です。

今日は千歳基地航空祭の予行です。

ブルーインパルスが飛ぶらしいので、これは行っとかないとね。

 

明日の本番に全身全霊をかけようと

今朝は9:40札幌発で南千歳へゆっくり向かいます。

そう連日朝早く起きれません。

着いたはいいけど、13:40かららしいので、

まだ早いですね。

暇すぎる。

トイレはどうするよー!?

 

フェンス前は脚立組でほぼ抑えられていますね。

脚立ないからいいけど。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170722194452j:image

この脚立と三脚いいな。

フェンス越える高さ。

足も太くて、しっかりしてそう。

パン棒を動かす時にしっかりしていないとね!

 

曇り空ですが、ブルーインパルス始まりました!

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170722194238j:image

 

出先なので、画質は良くないですが、動画も見てください〜!

2017年 千歳基地航空祭予行 ブルーインパルス予行

 

FDR-AX40はMP4と同時記録できるので、

それをスマホに転送し、編集後、YouTubeにアップするまでが出先でできるのが良いですね!

 

さて、引退予定の政府専用機証拠写真を撮ったら、

電車と地下鉄乗り継ぎ、「なごやか亭」へ。

こぼれいくらが食べたかったんじゃ。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170722200834j:image

 

近くに「串鳥」あったからはしごしますね〜!

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170722201018j:image

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170722201027j:image

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170722201032j:image

 

さぁ、あとは帰って寝るだけです。

老獪カメ爺を出し抜くためには明日は5時起き、がんばらないとです。

タクマーさんと青い池とコロッケ尽くしの富良野・美瑛

今朝は6時過ぎに札幌を出発しました。

旭川まで高速に乗って、そこから下道。

北海道の下道、情報通り、走りやすい!

ついでにスピードも出やすい!

警察に気をつけよう!

 

8時半過ぎに到着。

ちょっと遅かったかな?

すでに何台か車が停まっておる。

老後の時間が有り余っているカメ爺達に占拠されていないかが心配。

 

結果は心配するほどカメ爺いなくてよかったでしたよ。

撮影ツアーの団体客はもう少し遅く来るんでしょうかね?

かわりに中国人観光客が目立ちます。

本当に北海道に来る中国人が多い。

年始に蘇州に行ったけど、負けずと中国に訪れたいな。

中国版青い池(湖?)、九寨溝とかね。

 

さて、だいたい撮り終えたので、

タクマーさんを引っ張り出します。

ここ数日、マニュアルレンズの話だったので、

その流れで防湿庫の奥深くに眠るオールドレンズを持ってきたのでした。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721132710j:image

タクマーさん50mm F1.4。

私より年長さんです。

なので、さん付け。

フルサイズ機だと焦点距離がそのままなので使いやすいですね。

m4/3機のPL7で撮ると、2倍の100mm相当になるので、

使いにくいったらありゃしない。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721133235j:image

アトムレンズなので、若干、黄色がかりますね。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721132726j:image

アトムレンズ故の味。

 

EF 24-105mmだと、こんな感じ。 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721132756j:image

 

 f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721133306j:image

青さが違います!

 

一癖、二癖のあるオールドレンズで遊ぶ前に、

今あるレンズでいい写真撮れるようにしないと。

 

青い池撮り終えたら、今日の用事は終了。

さぁ、どこ行こう!?

美瑛〜富良野間をドライブしようかな。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721135427j:image

ケンとメリーの木はほっといて、畑。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721135436j:image

ケンとメリーのカフェにいた野良ロディ。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721135512j:image

四季彩の丘の花畑。

ここで花畑を見たもんで、

ファーム富田のラベンダー畑まで行こうか迷う。

 

 f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721135527j:image

迷い中。

その間に炭火焼豚丼

 

結局、ナビを確認し、近かったので、ファーム富田へ。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721154524j:image

コーンクリームコロッケと帰りのドライブ前に眠気覚ましのアイスコーヒー。

先ほどの四季彩の丘でもきたあかりと男爵のコロッケ二種を食べ、

またここでもコロッケを楽しんだのでもう帰ろう。

 

そして、今夜のお店は「串鳥」に。

道民に人気のチェーン店とのことで行きたかったところなるでしょうかね、

ちょうどホステルのある北口側にもあると分かり、

飲みに行ってきました。

安くて美味い!

月並みな言い方だけど、肉が柔らかい!

サガリも美味しかったです。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721222123j:image

ポテマヨベーコン、振り袖、サガリ

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170721222324j:image

もちベーコン、豚しそ巻、豚アスパラ巻

 

明日は知人とこぼれいくらのお店だけど、
こっちも捨てがたいよ!

 

https://s.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010101/1006367/

 

 

 

今週末は千歳基地航空祭ですが前乗りして今日から北海道に行くどー!

というわけで、セントレアへ。

待ち時間はラウンジで暇つぶしです。

ここのカードラウンジはビールが飲めるので

おっさんには嬉しい限りですね。
種類もハートランド、キリン、バドワイザーとあります。

でも、それ以上にここのラウンジの目玉だと思ってるのは、

ビールサーバーの隣に置いてあるトマトジュースですよ!
こいつでレッドアイをしこたま作れというラウンジ運営会社からのメッセージですね、きっと!

なので、その意図を汲んでしこたまいただいてきました。


あと、ジンジャーエールもあるので、
女子に人気なシャンデイガフも作れます。
今日のシャンディガフは分量は適当だったけれど、

1:1が美味しいみたいですね。

ここのラウンジ、到着時にも使えるので、

帰りにでも試してみようと思います。


その他のラウンジについての情報は他のまともなブログを見てくださいね〜!

ここはくだらない情報を発信するブログですので。

 

 f:id:bikkuri_kuri_taro:20170720225408j:image

 

さて、札幌についたら、予約したホステルへ。

思ったより駅近なのが素敵!

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170720223523j:image

 

ロッカーがないのはいただけないけれど、

オサレバー併設です。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170720223532j:image

 

機上の風景動画も撮りました。

今回はパソコンを持って行くと重いのでと、

撮影から編集まで全てiPhoneで作業しました。

面倒くさいけれど、iPhoneだけで完結しますよ。

凄いね、iPhone

iPadProだったら、完璧じゃん!

 


NH4833 中部−新千歳 NGO−CTS Flight

 

追記

ブレないようにDJI Osmo Mobileを使っての撮影なので、iPhoneだけというには語弊があるかもしれません。

マニュアルレンズと中古フィルムカメラで撮ったモノクロ写真

ひきつづき、フィルムカメラでの写真の話。

今日はモノクロ編。

モノクロ写真ってなんだか高尚だと思っていた時代がありました。 

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115402j:plain

留学先のロスには地元では見たことのない車が多く、

よく写真を撮って歩いていました。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115406j:plain

ただのバス内。

生活の足でした。

私にとっての日常を残しておこうと思ったのかな。

車社会のロスでの車のない生活は考えられないと周りから言われたけれど、

そんなに遠出することなかったし、留学生仲間に乗せてもらったりしてたから

なんとかバスだけで生きていけましたよ。

フリーライダーですみません。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115409j:plain

ブレイクダンサー。

彼らの文化も歴史も何も知りませんでしたが、

私とはまたちがう方法でいまこの瞬間を謳歌しているんだ、と思ったら、

思わずシャッターを切りたくなりました。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115414j:plain

ただのバス停。

この混みよう!

車なくても生活してるじゃんね!

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115417j:plain

タワレコもモノクロだとかっこいいと思っていました。

もはやバカ。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115422j:plain

車なし生活だったのでよくわかりませんが、

車検がないせいか古めかしい車をよく見かけたな。

好きな車を長く乗る、好きだけど買えなかった車を中古で手に入れた、

なんにしろ愛されているのかな?

人と車、良き相棒なんでしょうね。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115425j:plain

ホテル内でレイブ。

クラブよりアングラな雰囲気に一時期ハマってたな。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115434j:plain

教室。

アートメジャー(専攻)でしたが、なにものにもなれませんでした。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115443j:plain

日常を感じるような写真はあいかわらず撮っていました。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115451j:plain

ブレイクダンサーその2

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20170717115456j:plain

先ほどのDJさん。

このころは未知の文化に触れたかったし、

それらを写真をとおして何かしらの媒体で表したかったんだと思います。

インプットとアウトプット、今、ブログでやってることに通じていると思います。

 

明日から北海道なので、

「マニュアルレンズと中古フィルムカメラで撮った」シリーズは一旦お休みです。