車中泊ときどき水中写真

ダイビングより車中泊の方が多いので、ブログ名を変えました。車中泊メインですが、ダイビングの時に撮った水中写真(主にマクロ)もごくたまにアップします。

6月の大瀬崎、はじめてのミジンベニハゼと遭遇。

先月、入会した地元ダイビングサークルのみなさんと

静岡県の大瀬崎でセルフダイビングをしてきました。

メンバーの方とは飲み会で顔合わせをして以来ぶりという

少々緊張するようなシチュエーション。

しかし、今回のダイビングポイントである大瀬崎は

今までずっとリゾートダイバーだったので12年目にして初ダイビング〜!

さらには、初ミジンベニハゼ〜!と心踊ることばかりが連なり、

今回のダイビング、人見知りな私でもめっちゃ楽しかった!

 

そんな中で写したミジンベニハゼの写真です。

「はじめまして。お初です〜。」

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160721003339j:plainf/10 1/250

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160721003540j:plain

f/2.8 1/50

 

ミラーレスデビューをして日もまだ浅く、ハウジングの操作に慣れないな。

加えて、自分の表現したい色やボケ具合にする目安となる

f値シャッタースピードが頭に入っていない。

なので、いちいち絞りを開けたり、絞ったり、

シャッタースピードを早くしたり、遅くしたりと

なかなか「これだ!」というのが定まりません。 *1

陸上と違い、残圧(=残り時間)を気にしなければいけないので、

ある程度の目安を頭に入れてから潜れば、残圧を気にせず、

いい写真を撮るチャンスがふえるんじゃないかな。

 

下の写真は、絞りを開放、遅いシャッタースピードで撮ったせいで、

案の定、青かぶり。
撮った時、何がしたかったんだろう?何を表現したかったんだろう?

いりいろと疑問が湧いてきます。

むらいさちさん的なハイキーな写真?かなとも思ったけど、違うな〜、きっと。

自分への課題で青抜きの練習でもしようと思ったのかもしれないけど、

綺麗な青抜きがが撮れるような条件じゃないため、青かぶりしてしまったんだと思う。

こういう時は、上の写真みたいに絞って被写界深度の深い写真を撮ればよかったのかな。 

と、宿題だらけですが、リベンジするという意味でも大瀬崎でまた潜りたい〜。

*1:自分の得たい表現に近づけるため、試行錯誤しているって意味ではこれはこれでいいのかもしれない。