車中泊ときどき水の中

車中泊の旅と写真がメイン。たまに水の中の出来事も。

今さらマイニングリグ作ろうと思ったら、入荷待ち喰らわされるよね。

先月号の「DOS/V POWER REPORT」はマイニング特集だったので、

それを参考に年末年始はリグでも作ってみようかと思っていたのに

気づいたらお正月はとうに過ぎてたよ。

まぁそんなことはどうでもいいよね

そもそも今更という感じだし。

 

 

では、作ってみるかの。

まずは以下のパーツと棚板でリグを作ります。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160318j:plain

 

仮組みの状態です。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160413j:plain

あとは、GPUを支えるフラットバーを取り付け、高さも調節する予定です。

 

とりあえずGTX1070を3枚からのスタートです。

将来的にGPUを増やしたいと思っているので、電源は1200wのものにしましたが、

オーバースペック?

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160322j:plain

1000wくらいでPCIeの電源コネクタが多いものにしたほうが、

ケーブルの取り回しが楽だったかもしれません。

 

マザーモードはマイニングモードのあるギガバイト「GA-H110D3A」です。

マイニングに特化したマザーボードがアマゾンでの注文時に軒並み在庫切れだった為、

とりあえず一番早い日に入荷予定だったのでこちらにしました。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160333j:plain

OSは「ethoOS」。

USBメモリからのブートとなるので、CPUとメモリを取り付けるだけです。

M.2スロットがあるので、Windows10+SSDにしてもよさそうですね。

 

GPUとライザーカード一式です。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160345j:plain

不良品が一定の割合で含まれるようなレビューがありましたが、一応すべて完動品でした。

 

ライザーカードを取り付けます。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160353j:plain

 

ケーブル類も取り付けます。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160406j:plain

写真ではSATA変換ケーブルをつけていますが、焦げるらしいので後ほど外しました。

 

結束バンドでGPUを固定します。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160402j:plain

 

ライザーカードの裏は絶縁シートが貼ってあるので、フラットバーに乗せてみました。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160338j:plain

ただ、ライザーカードが壊れたりで取り替える際に面倒かもしれない。

 

BIOSの設定はギガバイトの公式ページにあります。

「ethOS」の初期設定も公式ページにありますが英語です。

DOS/V POWER REPORT」の2018年1月号を読まれるか、

マイニングやってる方のブログを読まれるといいと思います。

 

また、こんな記事もあります。

マイニング専用OS「ethOS」で仮想通貨を掘ろう、導入から設定までを実践! - AKIBA PC Hotline!

 

とりあえず私は上記のことをしたけどチンプンカンプンだったりで、

Ryzen7搭載PCを自作した時より四苦八苦したよ、とでも。

それでもやっとモナーコインをマイニングできるところまできました。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180109160358j:plain

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20180110030519j:plain

一応、GPU3枚とも認識していますが、マイニング時は2枚しか掘れずに泣きそう。

何がおかしいのかわからないけど、マザーボードかライザーカードあたりが疑わしい?

とりあえず現状のままでいこうと思います。

 

今回買ったものについて先ほども書きましたが、品薄で入荷待ちだったり、

プレミア価格という名のぼったくりもありますので注意してくださいね。