読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水中写真ときどき車中泊

ダイビング歴12年目のアラフォーおっさんがミラーレスデビュー!そのカメラで撮った水中写真(主にマクロ)をアップしてます。あと、たまに車中泊のことを。

南乗鞍キャンプ場でテント泊からの車中泊①

キャンプ 車中泊

アクセス解析を見ると、車中泊関連でアクセスいただいている方が多いので、

ここいらでガッツリ車中泊ネタでもせなあかんね。

 

そんなわけで今月の7日に無印良品のキャンプ場、

南乗鞍キャンプ場でオートキャンプしてきました〜。

なぜここにしたかというと、

無印より届いたメルマガに「間もなく紅葉のピークをむかえる」という文面があり、

写真を見ても紅葉しているし、「高山の奥地で標高も高いから紅葉が早いんだな、

じゃ、一足先の紅葉狩りに出掛けよう!」と思った次第。

 

↓これね。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20161020203210p:plain

結論、紅葉にはまだ早かった!

10月中旬の最盛期まで待たなあかんかったな、きっと。

それとも、津南、嬬恋の方は紅葉してたんかな?

 

まぁそれならそれでテントの準備をして、

お酒を飲みながら星空撮影でもして秋の夜長を楽しもうと意気込んでいたのですが、

夜空には雲が広がっていて星いっぱいの満天の空は撮れなかったです。

E-PL7のライブコンポジットを試したかったのにな〜。

 

↓受付した当初は晴れていたんですよ。こんなふうに。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20161020205030j:plain

 

それがだんだんと雲ゆきがあやしくなってきて・・・

f:id:bikkuri_kuri_taro:20161020205245j:plain

 

最終的には完全に曇り空に。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20161020205708j:plain

無念じゃ・・・。

 

星空撮影はこれ以上無理だと思い、

そろそろテントで寝るかということに。

封筒型シェラフの上に寒さ対策の毛布をかけて寝ました。

それから数分後、寝ていると地面に接している背中側から体熱が奪われていくのを感じた私は、

「テント泊はお腹側が冷えるんじゃない、背中側から冷えるんだ。

これだと夜中に凍えるかも」と思い、

途中でテント泊をあきらめ、車に逃げ込み車中泊しました。

せっかくテント張ったのに〜。

普段は扇風機をガンガンつけて寝るんですが、

標高が高い場所だったのでちょうどいい温度でぐっすり眠れました。

 

次までにマット買わなきゃ。