車中泊ときどき水中写真

ダイビングより車中泊の方が多いので、ブログ名を変えました。車中泊メインですが、ダイビングの時に撮った水中写真(主にマクロ)もごくたまにアップします。

中華製GoPro互換機、SJ5000Xをハウジングに取り付けるよ

トライ&エラーの結果、先日ポチったGoProアダプターforYSが今朝届いたー!

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923132351j:plain

 

早速、つけてみようかな、、、ん、んんん?

何か見覚えが、、、。

これってINONのZジョイントとGoProのベースをくっつけただけと違うのー?

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923124937j:plain

 

こんな感じです。

しっかりと「INON」の刻印が!

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923132333p:plain

↑これを買ってきて、4つの角を削り、

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923124947j:plain

余ったベースにくっつければ、

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923124937j:plain

こうなるんとちゃうん?

 

ちょっと怖いけど分解し、自分の持っているZアダプタと比べてみる。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923132412j:plain

左がINON Zジョイント。

右がUN GoProアダプター。

あ、やっぱりね!

角の部分が削ってある!

さらに滑り止めの役割かゴムシートみたいなのが貼ってあるね。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923132427j:plain

左はSJ5000Xに付属のベース。

右がGoProアダプターのベース。

表面がザラッとした質感になってますね。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923132422j:plain

上がZジョイントに付属のもの。

下がGoProアダプターのもの。

ベースのネジ穴が浅いので、Zジョイントに付属のネジだと浮いてしまうので、

ネジは別途調達しなきゃな。

これ、普通の三脚用の1/4ネジでいいのかな?

 

結論、工夫次第で自作出来そうですね。

 

では、最後にハウジングにつけてみたいと思います。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923134916j:plain

ででーん!

おぉ、いい感じじゃん!

 

これ持って、

はよ、撮りに行かな〜。

南国行きたい!

水中動画、初めます!

私がカゼと痛風を併発して一週間ほど寝込んでいる間に、

世間じゃ新しいGoProが発表されましたね!

 

そんな中、先月のことですが、私、実はダイビング用のアクションカメラとして

SJCAM社製のSJ5000Xというカメラを買いました。

というのは、今使っている機材がマクロ専用機でして、

マクロ以外撮れないので、そんな時に証拠くらい残しておきたいな〜と思い、

「じゃ、持ち運びの楽なアクションカメラで録画しておけば証拠撮りにはなるかな」という考えにいたったわけです、はい。

 

当初は購入するなら、何はともあれ元祖アクションカメラである

GoProHero4かな、と漠然と考えていました。

しかし、値段などウェブでチェックしていたら、

代理店は既にHero4の販売停止をしており、在庫分がずいぶんと値上がっていたので

ばからしく断念。

GoPro以外で安くてそこそこの性能の物ないかなーと物色していたところ、

中華製GoPro互換機に行き着き、そのなかで評判のいいこのSJ5000Xを買ったのでした。

 

さて、そんなSJ5000xを購入したわけですが、さらに動画撮影をいいものにしようと

INONから出ているアダプタ経由でワイドコンバージョンレンズをつけられるという製品を購入。

これが使えたらよりワイドに撮影出来ることに!

ただ、互換機とはいえ、ボタン配置など微妙に本物と違うから、

使えるかどうか人柱覚悟で購入。

で、結果はやっぱりダメだったよね〜。

もし同じことを考えて悩んでいる人がいたら是非この私の記事読んで!

あなたのお金をセーブしますよ!!

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923151001j:plain

ほら、合いません。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923151007j:plain

少し角度を変えた方向から。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160923151011j:plain

干渉しまくり〜。

 

そんな訳で、早速売却です〜!

アマゾンにでも出品しよ。

中古品(ほぼ新品)でちょい安値で出しているので、

Hero4を持っていて買おうか迷っていた方、今がチャンスですよ!!

 

GoProHero5に使えないかな?

使えるなら使いたいけど、今回のミスを踏まえてInonが詳細を発表するまでは待ちたいし、

もしくは新製品を出すかもしれないしな。

なんにしろ急ぐのはよくないよね〜!

GoPro自体もすぐ買うわけじゃないし。

 

結局、このSJ5000MXを生かすために、

UN社製のGoProアダプターforYSをポチりました。

ワイドコンバージョンレンズによる撮影は諦める形になりますが、

SJ5000Xをホットシューに付けて水中撮影の模様でもお送りできる日が来るかと〜!

 

伊勢志摩にてダンゴウオと初めての遭遇!

今シーズンはダイビングになかなか行けず、ブログが寂しいかぎり。。。

なので、少し時間は遡りますが、今回は今年の5月末に行った

伊勢志摩でのダンゴウオダイビングについてで書こうと思います。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160919003355j:plain

f11 1/200

 

今回は伊勢志摩のなかの南勢相賀浦という場所でのダイビングとなります。

この日のダイビングは、「初ダンゴ」、「シーズンオフ前」、「うねり」、

「慣れない機材」と水中写真を撮る上であまり良い状態ではなく、

案の定散々な結果だったわけで。

上の写真のどこにいるか分かりますか?

まぁ、だいたい日の丸構図になりがちなので、真ん中を見てもらえればいいのですが、

なにか岩陰に隠れている!

そう、それ!

それです!

ダンゴちゃん、擬態して岩肌と同じ色!

  

こんな写真しか撮れなくてもなんとかこの子を写真に納めようと粘りました。

もうちょい動いてくれるかなと期待を込めて。

でも、残念。

ちっとも動かない。

動くのはうねりで流される私の体のみ。

一本分の格闘はなんだったんだ。

お客さんは私一人(こんな平日のうねりの日に普通のお客さんなら来ない)で

通常ならダンゴちゃん独占状態でウハウハだったんですが、

さすがにこうも動かないと途中で投げ出したくなりますね。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160919005357j:plain

f11 1/200

 

2本目は比較的うねりが少ないポイントといわれましたが、それでもうねりを感じる。

そんな中ようやく見つけた個体もこのワインレッドの一匹のみ。

それも、ブロックのくぼんだところに張りついていて、

カメラを近づけることがむずかしい。

なので、遠くから離れて撮るんだけど、浮遊物が反射してハレーションが起きる〜。

 

思うにダンゴちゃん情報が少なすぎたのが今回の敗因かと。

 

ひとつは、1週間前にやはりダンゴちゃん狙いで訪れた南越前では、

昼はほぼいない、ナイトなら見られるという低確率。

それでも賭けで潜ってみた結果、0匹。

しかし、同日、こちらの南勢なら普通に見られたということなので、

情報をうまく活用できず行き先を間違えてしまったこと。

 

もうひとつは、ドライスーツはなく、ウェットスーツで普段潜っている私、

ドライスーツじゃないと水が冷たくて潜れないと頭ごなしに考えていたので、

南勢なら3月あたりからウェットで潜る人がちらほらいるという事実を知らず、

もっと早い時期から南勢に訪れていたらもっとチャンスがあったのに、

それを逃してしまったという情弱っぷり。

 

ショップの人から教えてもらえることもあるし、ブログで得られる情報もあるし、

情報をうまく活用しなきゃな。

 

とりあえず、来年は3月から潜る!

(1月と2月は南国じゃ〜)

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160919003419j:plain

この日はダイビングショップから1時間くらいのところにあるオートキャンプ場で車中泊

写真は翌日の朝。

着いた時は真っ暗だったのでまわりがどんなか景色が想像できなかったので、

朝起きてこんな自然豊かな風景が待っているとは思いもよりませんでした。

昨日のうねり地獄とは大違いの天国じゃ!!

 

5月末ということもあって、他のお客さんもあまりおらず、

静けさの中からウグイスの鳴き声や波の打ちよせる音が聞こえ、

自然に癒されることまちがいなし!

ここのキャンプ場、かなり気に入ったので、

来年も同じショップ、キャンプ場でリベンジしたいな。

 

まぁなんだかんだ言いつつ、はじめてのダンゴウオを見られたし、

伊勢志摩のポテンシャルを感じる旅でした〜!

 

白崎海洋公園でのダイビング後はバーベキューですね!

さて、ダイビング3本を潜り終えたら空はほんのりと夕焼け空に色染まっている。

それでは、さっさと機材を洗い終え、宴の準備じゃ!

今回は敷地内に併設されているオートキャンプサイトを予約してあるので

ここでバーベキュー&キャンプするよ!

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160724173904j:plain

 

私は自分の軽キャンパー内で車中泊し、一緒に潜ったバディさんはテントで野営。

キャンプらしくなってきた!

周りが薄暗くなってきたので、道中で購入したスパークリングで乾杯し、

BBQスタート!

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160723230319j:plain

 

ソロキャンプ用に購入した、LOGOSのグリル。

他にも3〜4人用のグリルも持っていますが、

今回はバディさんと二人だけなので、2人分の食材を焼くのにちょうど良いサイズ。

私のように軽キャンパーじゃなくて普通の乗用車でも気軽に運べるコンパクトさで、

ソロキャンプや車中泊をする際の少人数BBQに持ってこいだと思います。

のんびりお酒を飲みながら、焼けた食材から胃の中へ。

まさにBBQの醍醐味!

日も暮れ、闇夜の中で楽しい時間だけが過ぎていきます。

 

ダイビングの疲れもあって、酔いがまわるのが早い。

翌日は朝から片付けをしないといけないので、この日は早めに就寝。

梅雨が明けて気温が高くなってきていたけれど、

車載用の扇風機でとても気持ち良く寝られました。

 

白崎海洋公園、ダイビングとBBQのどちらも楽しめるて、

とても良い時間を過ごせますよ〜!

本当におすすめです。

 

- 補足情報 -

こちらのオートキャンプ施設ですが、楽天トラベルで予約できます。

決済は現金のみですが、楽天ポイントがつくので、

楽天ポイントを貯めている方にはお得感ですね。

 

あと、モンベルクラブの会員の方にもカードの提示で割引があるようですが、

楽天との併用はできないのか、それらしい割引がなかったので、

たぶんそういうことなんでしょう。

 

白崎海洋公園ではじめるセルフダイビング!セルフ初心者のかた、必見ですよ!

「もうそろそろ梅雨明けかなー」と思った先週、

和歌山県にある白崎海洋公園に行ってきました。

今年に入ってすでに2度目の白崎海洋公園ですが、

前回の5月中旬の頃と比べて、水温もだいぶ上がっており、

ロングジョンとラッシュガードで十分潜れました。

平日ということで客は私たちのみ、「シャクシの浜」というポイントをひとり占めです〜。

いぇい!

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160723231235j:plain

f7.1 1/125

 

ガイドロープが張ってあり、セルフダイビングがとても容易な場所なんですが、

どこにどの魚がいるのかはガイドさんがいないので、自分で探します。

今回はガイドさんが全員出払っていて、詳しい場所はわからずじまいでしたが、

受付のおばちゃんにもらった水中マップをたよりにネジリンボウの巣を目指しました。

 

それらしき巣はあったのですが、当のネジリンボウは姿をあらわしてくれず。

結局、この子(ダテハゼ)しかいないようでした。

そこらじゅうにいてあまりレア感のないこの子ですが、

水中マクロの練習相手にはなるので、怖がらせないように近づいたりと練習しながら撮影します。

 

ガイドさんにつきっきりのダイビングだとこういう練習がなかなかできないけれど、

セルフなら自己責任の範囲内で追い求めることができるのがセルフの魅力のひとつかな。

それと同時にガイドさんの偉大さにも気づかされますね。

自分で探すのとガイドさんが探すのとでは大違い。

さすがです。

 

続いて、絞ってもう一枚。

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160723231329j:plain

f11 1/200

 

ヒレを立たせるまで待ってから撮らなかったことを反省。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160723231350j:plain

 f6.3 1/80

 

岩場でサラサエビも撮る。

 エビ系も好きな被写体〜。

6月の大瀬崎でコケギンポとハナタツをじっくり撮影

引きつづき、先月の大瀬崎での写真から。

セルフなのでコケギンポをじっくりと撮りました。 

ガイドさんと潜ると他のお客さんの見たいとの兼ね合いで

自分の好きな(=撮りたい)生物に時間をついやすのはむずかしいもんね。

そういう意味でセルフ万歳!

 

穴から顔出しコケギンポ。 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160721225027j:plain

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160721225049j:plain

ともにf/5 1/50なのに、この差はなんだろ?

ストロボを連写しすぎて光らなかったのかもしれない?

 

ストロボによってこんなにも雰囲気が変わる。

海の色だって実際はこんな色じゃないし。

自分の表現したいものに近づけるにはちゃんとストロボも使いこなさなきゃな。

なかなか奥深いです。

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160721225054j:plain

f/11 1/250

 

岩かげにハナタツがいました。

岩と岩との隙間なので撮りにくい!

ストロボの光が届かない部分が黒抜きっぽくなり、

ハナタツとわかりやすいけど、
目の辺りが暗いからもっと粘ってベストなシーンを写したかったな。

 

写真って本当に「待つ」ですね。

残圧にも気をかけながら、ベストな表情や仕草をするまで待つ。
その為にもエアの消費も気をつけなくっちゃ。

6月の大瀬崎、はじめてのミジンベニハゼと遭遇。

先月、入会した地元ダイビングサークルのみなさんと

静岡県の大瀬崎でセルフダイビングをしてきました。

メンバーの方とは飲み会で顔合わせをして以来ぶりという

少々緊張するようなシチュエーション。

しかし、今回のダイビングポイントである大瀬崎は

今までずっとリゾートダイバーだったので12年目にして初ダイビング〜!

さらには、初ミジンベニハゼ〜!と心踊ることばかりが連なり、

今回のダイビング、人見知りな私でもめっちゃ楽しかった!

 

そんな中で写したミジンベニハゼの写真です。

「はじめまして。お初です〜。」

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160721003339j:plainf/10 1/250

 

f:id:bikkuri_kuri_taro:20160721003540j:plain

f/2.8 1/50

 

ミラーレスデビューをして日もまだ浅く、ハウジングの操作に慣れないな。

加えて、自分の表現したい色やボケ具合にする目安となる

f値シャッタースピードが頭に入っていない。

なので、いちいち絞りを開けたり、絞ったり、

シャッタースピードを早くしたり、遅くしたりと

なかなか「これだ!」というのが定まりません。 *1

陸上と違い、残圧(=残り時間)を気にしなければいけないので、

ある程度の目安を頭に入れてから潜れば、残圧を気にせず、

いい写真を撮るチャンスがふえるんじゃないかな。

 

下の写真は、絞りを開放、遅いシャッタースピードで撮ったせいで、

案の定、青かぶり。
撮った時、何がしたかったんだろう?何を表現したかったんだろう?

いりいろと疑問が湧いてきます。

むらいさちさん的なハイキーな写真?かなとも思ったけど、違うな〜、きっと。

自分への課題で青抜きの練習でもしようと思ったのかもしれないけど、

綺麗な青抜きがが撮れるような条件じゃないため、青かぶりしてしまったんだと思う。

こういう時は、上の写真みたいに絞って被写界深度の深い写真を撮ればよかったのかな。 

と、宿題だらけですが、リベンジするという意味でも大瀬崎でまた潜りたい〜。

*1:自分の得たい表現に近づけるため、試行錯誤しているって意味ではこれはこれでいいのかもしれない。